みずいろランド

埼玉県在住、映画好き母+コーヒー好き父+電車好き小3男子の3人家族。試行錯誤の子育て記録&情報を中心に。

ブログを休止していました。事後報告と言い訳

大変ご無沙汰しています、みずいろ母のエリです。最終更新日の10月29日から、早いものでもうすぐ3か月。その間、何をしていたかと言うと…特に何もしておらず^^;では、何でブログをお休みしていたか。所詮、言い訳ですが、もしお暇で、言い訳聞いてやろうじゃないか!と思ってくれる尊い方がいらっしゃったら、続きをお読みください。

f:id:mizuiroland:20200127102730j:plain

とりあえず、年明けの素晴らしい富士山をおすそ分け。

 

ブログをお休みしていた理由(言い訳ともいう^^;)

 

えーと、お休みしていたのには理由がありまして。それは・・・・抜毛症の症状が出てしまったからなんです(>_<)抜毛症って、ご存じの方でしょうか。読んで字のごとく、毛を抜いてしまう心疾患の一種だと私は理解しているのですが、私の場合、PCに向かって文章を書いている時に自分の頭髪を抜いてしまうのです(>_<)やめたいのにやめられない(>_<)しかも、側頭部左側のみ^^;原因はおそらく、息子の試練系のこととそれについて書こうとしていたこと。どうしても嫌な気持ちが思い出され、ストレスに感じてしまったからだと思うのです。実は3年ほど前にも仕事のストレスで同じようなことを繰り返し、左右の髪型のバランスがどうにもこうにもならなくなり、伸びるまで=元に戻るまで2年余りかかったという苦い経験がありまして^^;(そんな話はまたの機会に)今回は、そうなる前に、自分でストップをかけた=ブログを休止したというわけです。

 

ブログをお休みするまでの経緯

 

ブログをお休みしよう。それがいいし、それしかない。

この決断には、実は結構勇気がいりましたし、時間がかかりました。息子の試練があった7月くらいには、おそらく抜毛症の症状が出始めていましたが、せっかくのこの経験を書き残しておきたいという気持ちや、同じような経験をしている方の参考になるかもしれないという気持ち、私がした失敗を他の誰かがしないためのきっかけにできれば…という私の中での使命感があったからです。

 

www.mizuiroland.com

 

↑こんな風に今後の予告なんてことまでして、書かねば!と自分を追い込んだのも、振り返ってみると余計だったような気がします^^;

ストレスを感じない話題なら大丈夫?と思って、試練に関係のない話題を選んで続けることも考えましたが、すでに何を書いても抜毛してしまう状態に(T_T)また、そもそも試練についても書きたくなかったわけではなかったので、ブログを続けるのにそこに触れないというのもストレスでした。なんなの、この無駄な生真面目さ^^;

 

ブログをお休みしている間に考えたこと

 

もちろん、一番考えたのはこのままフェイドアウトすること。最初のころは、やっぱり“書こう!”と思い立つことがあったので、そういう時は書き始めてみていたのですが、やっぱり毛を抜いてしまう(T_T)さすがに毛がなくなるのは嫌なので、やめるしかないと。

そもそも稼ぎたいという気持ちもあって始めたこのブログ。全く稼げていないし、アドセンスにも通らないし、思い描いた風にはなっていない無力感をヒシヒシと感じていたのに加えての抜毛症発症(-.-)もうダメじゃん!ちょっと、いや、かなり腐りました。

とはいえ、なにかあると、“あっ、これブログに書ける!”と思ったりして未練たらたら^^;

 

ブログを再開しようと思った理由

 

最初のころは自己嫌悪でブログを遠ざけていたのですが、読むのも好きなので12月くらいからは再びお気に入りのブログをチェックするように。

ついでに自分のブログもチェックしてみる(してしまう)と…驚いたことに、アクセス数がほとんど減っていないことが分かりました。コンスタントに記事をアップしていたころの自分にとっては決して喜ばしくない微妙な発見でしたが、約3か月間新しい記事を書いていないのに、今も毎日(私にとっては)多くの方(大体150アクセス前後。たまに200を超える)が私のブログを訪れてくれていることにはとても勇気をいただいています。←単純^^この場を借りて深謝!

息子の問題がとりあえず解決し、私の心の平穏が戻ったと思える今日この頃。元々愛着を持って育んできたこのブログの行く末が気になってたまりません。要は、再開したくなったということ^^;

 

これからのこのブログについて

 

とはいえ、私の抜毛症(癖?)はまだ治まっていません。ということで、様子見しながら髪型が変にならない程度にとどめたい。なので、以前以上のマイペース更新になるかもしれませんが、試練についての記事もいつになるか分かりませんが、いつかは書くつもりです。気まぐれで申し訳ありませんが、気が向いたときに覗いてくださるととっても嬉しいです。

2度目の挑戦で英検5級合格!公文英語にプラスした3つのこと+α

ご無沙汰しています、みずいろ母のエリです。先日、小3息子が英検5級に2度目の挑戦。今回は何とか合格することができました。ギリギリだったけれど、合格は合格^^

f:id:mizuiroland:20191029143404j:plain

とりあえず、ひと山超えられて良かった!

 

1度目挑戦時の失敗

 

公文英語は英検に強いというイメージがあったため、直前まで何もせず、それでも受かると思い込んでいた前回。(2019年1月受験)結局、息子の実力に気づいた私が、残り2週間で何とか合格させようと無理やり英語の勉強を押し付け、息子から“英語嫌い=母怖ぇ”という言葉を引き出してしまった挙句、「得意」だと思えていた英語に対する自信をすべてかっさらってしまいました(T_T)

 

www.mizuiroland.com

 

しかし、運よく単細胞生物も顔負けな程、単純な息子。英検が終わって、反省した私が、“小2で5級に挑戦できるだけでも十分すごい!あなたはすごい!本当は英語の天才かもしれない!”とおだてにおだて、半信半疑ながらも“自分は英語が苦手ではないらしい”と思えるほどに回復。そして、今回の合格で“あれ?おいら、実は英語得意かも!”と、勘違いしてくれないかなーと期待していますが、良くも悪くもまだその兆しは見えません^^;

 

2度目の挑戦前に公文英語にプラスした3つのこと

 

1度目の英検挑戦で失敗し、英語の学習についていろいろ考えましたが、やっぱり公文英語を続けることに。経緯はこちら↓

 

www.mizuiroland.com

 

でも、息子の場合、公文英語だけでは結果が出ない…ということが証明されてしまったので^^;、少しだけ公文英語以外でも英語に触れる機会を作りました。それが以下の3つ+α。

 

Eテレ「知りたガールと学ボーイ」で楽しさをプラス

 

まず、4月から始まったEテレの「知りたガールと学ボーイ」(木曜19時40~55分)を見せることにしました。

www.nhk.or.jp

お笑い芸人の、ゆりあんレトリィバァとミキの2人が出ているので、お笑い大好きな息子にはドンピシャ。ミキの2人の英語力は失礼ですがかなり低く^^;息子はそのダメな姿に突っ込みながら、爆笑しながら観ています。これが息子にとっては勉強らしくなくてとてもイイ!

英語が“机上の勉強”になってしまう前に、“楽しいコミュニケーションツール”だと思ってくれるのが私の理想なので、 “英語の勉強”より、異文化交流に重きを置いたこの番組は願ったり叶ったり。たまに知っている単語や表現が出てくるとやっぱり嬉しいようで、息子はかなり得意気です^^;“良かった良かった。自信になあれ!”と、私は微笑ましく思っていますが、“勉強のため”という目的で見せるとしたら、物足りない…と思うでしょうな^^;

 

「Duolingo」での確認をプラス

 

前回の英検が不合格だった時点で、息子と英語について話しました。公文英語で毎日英語に触れているけれど、それでもダメだったのは、プリント内に答えが書かれている、という教材の特性に依るところもあるとは思うのですが、息子の姿勢にも問題があったはず。

“出てきた表現や単語を積み重ねて初めて、英語が身についたと言えるのだ”ということを確認しました。息子は悲しいくらい積み重ねていなかった(T_T)

ということで、その確認方法として取り入れたのが、世界中で2億人以上の方が利用している語学学習アプリの「Duolingo」。

ja.duolingo.com

無料でダウンロードでき、すぐに始められ、基礎的な問題から出題されるのがちょうどいい。毎日の習慣にしたい気持ちもありましたが、強制して英語が嫌いになっても困るので、1週間に1回程度、私から声を掛けるようにしました。めんどくさそうにする時もありますが、それほど時間もかからずにゲーム感覚でできるので、細―く続けられています。横で見ていると、“めちゃくちゃ間違えていやがる(-.-)”と思うときもありますが、きっと本人も自覚しているはず。多少ではありますが、先取りできてはいるはずなので、口うるさくせずに大らかな気持ちで…と言い聞かせて、頑張って口をつぐんでいます。

 

「スタディギア」で英検解答経験をプラス

 

公文で英検を申し込んだところ、教えていただいたのが「スタディギア」という英検公式の対策用無料アプリ。

www.ei-navi.jp

英検の問題に対応しているので、英検前の1か月半ほどは「Duolingo」よりこちらを優先。頻度も少し上げて週2~3回は声を掛けて取り組むように誘導しました。解けば解くほど英検の経験値が上がるってこと。

実は「スタディギア」は問題数が少なく、間違えた個所はもちろん、合っていた問題も何度も繰り返し出てくるので、最初はつまらないかな?と思いました。ですが、息子にとってはどんどん分かる問題が増えて、意味がクリアーになって、意外にも楽しそう。勉強って分かると楽しいんだなーという、当たり前のことを再確認させてもらいました。英検対策としては、これが一番効いたような気がします。

 

ということで、英検はひとまず終わりましたが、「知りたガールと学ボーイ」と2つのアプリは、息子との相性も良さそうなので、今後も細く長く使っていく予定です。

 

+αは親が意識したこと

 

夫はCNN、私はDuolingoや本など。英語学習をする親の姿をプラス

 

息子にプラスしたのは以上の3つですが、前回の英検後から親が英語を勉強する姿もあえて見せるよう意識しました。元々海外が好きで、英語も嫌いではない私たち夫婦。夫は1年くらい前から?スカパーのCNNを契約して観ていたのですが、息子の前では観ていませんでした。でも、時々それを流してみたり、私もこれ見よがしにDuolingoをやったり、英語の本(漫画が多いけど^^;)などを読むようにして、目につく場所に本を置いてみたり。分かりやすい効果は感じていませんが、親が英語に触れていれば、きっと自然と興味を持ってくれるはず!私の脳の活性にも役立つし一石二鳥^^ということで、私たちもゆるく頑張ります。

 

初回は合格できず、私のせいで自信をかなり奪ってしまったけれど、今回は無事に英検5級を手にして、(ギリギリだけど^^;)少しは自信になったかな?と思います。来年からは教科化になるので、その前に合格できて良かった!

効率は悪いかもしれないけれど、これからも息子の様子を観察し、私たちなりの方法でゆるく英語学習を続けていこうと思っています。息子よ、一緒に楽しく頑張ろう^^

 

【小3息子の試練】なぜ!?親友の驚きの言動に息子初めての大号泣

こんにちは、みずいろ母のエリです。

1学期の出来事ですが、息子が班の子に暴言を吐かれ、仲間外れにされていた件は、参観の際、担任の先生とお話しして、近いうちに席替えがあるとのことで、私の中では一件落着!参観日の後、“先生が知ってくれている”と思うだけで私の心は晴れやかでした。

 

www.mizuiroland.com

 

経緯を相談していたママ友が2人いたのですが、“良かったね!安心だね!”と言ってくれて、まだ席替えはしていなかったけれど、ホッと胸を撫でおろしていました。参観日があった週の金曜日、息子が帰ってくるまでは…。

f:id:mizuiroland:20191008130710j:plain

 

親友だと思っていた子の思いがけない言動

 

金曜日、息子は学校から帰ってくると今にも泣きだしそうな顔でした。“また班か?”と思ったら、“Yくんがとっても嫌だった!”と目に涙を溜めながら怒って話し始めた息子。話を聞くと、「一緒に帰ろう!」と言ったら断られたとのこと。しかも、“締め切り時間が過ぎたから”というよく分からない理由だったそう。前日も同じ理由で断られた息子は“そうか…”と納得して一人で帰り、その日はかなり早めに声を掛けたのだとか。「早く声を掛けたのに、結局また今日も時間切れでダメだとか本当に嫌だ!」と話しながら怒りと悲しみで泣き出した息子。「そういうことは本当に嫌なんだよ!しかも、学校の決まりで一緒に帰ろうと誘われたら、断っちゃいけないのに…。俺は断ったことなんてないのに…」最終的に息子は大号泣。班のことで、嫌なことがあっても決して涙は流さなかった息子。普段から感情的に怒ることなどほとんどない息子。それだけに、怒りや悲しみや悔しさの大きさを感じました。その日は金曜日で公園に遊びに行く日でもないし、土日で気分転換してもらおう!と私自身のショックな気持ちはなるべく隠して息子をなだめました。

 

幼馴染のYくんとそのママ

 

Yくんは息子の幼馴染。家が近所で2歳くらいから仲良し。同じ幼稚園に通っていました。公園でもしょっちゅう遊んでいて、数日前に私も会っていたけれど、特に変わった様子はなかったのに…。息子に聞いても、特に揉めたりはしていないとのことだったので、余計にモヤモヤ…。

そして、Yくんのママは、息子の班のことなども聞いてもらっていた、私にとって最も気の置けない仲良しママの一人。“班のことで嫌な思いをしても、息子には公園で仲良く遊ぶ子たちがいる。私も何かあったら聞いてくれるママ友がいる”そのことは、私にとってはもちろん、おそらく息子にとっても救いでした。それなのに、なぜ??

 

ママ友に伝える?一旦、やめておいた理由とは?

 

普段から “何かあったら、教えてね。子どもが間違ったことをしたら叱ろうね”と、お互い言い合っていたけれど、これはYくんのママに伝えるべき??土日を挟んで、ずーっと、ぐるぐると悩んだ私。しかし、ここは一旦我慢して、月曜に公園に行ったときに直接Yくんと話してみることにしました。

それは、Yくんママが“Yくんに対する苦情”を、できれば聞きたくないと思っていることを知っていたから。Yくんはそれほど苦情を言われるタイプではないけれど、それでも時々、女の子たちが“Yくんがこんなこと言ったー!”とか、“こんな言い方したんだよ!”などと言いにくることがあって、そういうとき、Yくんママはいつも“いちいち言わないでほしい。そのくらいのことなら、知らなくていい”とママ友の間では嫌な顔を隠しませんでした。気持ちは分かる。売り言葉に買い言葉で出たひと言かもしれないし、遊んでいる時の小競り合いはそっちで解決してくれよ!と、ついつい思ってしまうのは私も同じ。でも、今回のは“小競り合い”ではなくて、“意地悪”。どうしよう…と迷ったのですが、このくらいの時期は意地悪をしてしまうこともあるかもしれない…。とりあえず、一度私から注意して終わるなら、Yくんママが知らなくてもそれでいいじゃないか。Yくんはママが大好きな子。Yくんにとっても、Yくんに対する苦情を聞きたくないYくんママにとっても、それがベストに思えました。それで終了。それでいい。それが私の判断でした。

 

決戦は月曜日。意を決してYくんに直接注意

 

月曜日は公園Day。息子には、“また断られたら嫌でしょ?今日はYくんは誘わないにしたら?”と伝え、息子も“そうするー”と。実際に、一人で帰ってきました。宿題を終え、公園に行くと、Yくんがいました。Yくんママはいなかったのでちょうどいい。私はすぐにYくんの元に行き、声を掛けました。

 

私  Yくんさぁ、木曜と金曜、○○が“一緒に帰ろう”って誘ったみたいだけど、

   締め切り時間が過ぎてるからダメだって言ったの?

Y  …あぁ…言った…。(目を逸らすYくん)

私  何で?

Y   いや、締め切り過ぎてたから…

私  学校では“一緒に帰ろう”って誰かに言われたら

   断っちゃいけないって言われているんでしょ?

Y   うん。そうだけど、締め切り過ぎてたから…

私  じゃあ、その締め切り時間は誰が決めているの?

Y   …まぁ…俺…だねぇ…

私  それって、意地悪だと思うよ。もうやめな。○○にだけじゃないよ。

   誰に対してもそんなことしちゃダメだよ。

 

私から目を逸らし、一刻も早く遊びに戻ろうとするYくん。私は走り去ろうとするYくんの腕をつかみ、最後に“もう絶対にそんなこと言わないでね”と無理やり目を合わせて念押し。“あぁ…”とやっぱり目を逸らしながら適当な返事をしたYくんでしたが、きっと意地悪な言動がバレていたことに心臓がバクバクしているだろうと思い、ちょっと可哀想に思ったくらい。これで終了!とホッとしたのでしたが…。

 

加速した!?Yくんの暴走

 

翌日、“今日はYくんたちと仲良く帰ってくるかな?”とドキドキ息子の帰りを待っていた私。“今日は大丈夫だったよー”という息子の声を期待したのですが、聞くと、その日は“人数制限が過ぎたからダメ”とのことだったらしい。なんじゃそりゃ?ビックリするくらい、何も変わっていない(T_T)そして、さらに悪いことに、Yくん一人ではなく、近頃Yくんと距離を縮めているMくんとSくんを引き連れて3人で。“なー、ダメだよな。人数超えちゃってるもんなー”みたいな感じだったらしい。家に着くまで泣くのを我慢していた息子。号泣しながら3人ともすっごい感じ悪かったという息子の言葉を聞いたら、怒りよりも呆れ。時期的なもの?よく聞くギャングエイジってこういうこと?私の脳みそでは処理できず。 ただただ、胸糞が悪かった。本当に胸糞が悪かった!2回言っちゃうくらい^^さぁ、ここからどうしよう…。“そんな子たちとは付き合わなくていいよ!”本当はそう言って終わりたかったのですが、そうは言えない事情があり、私の悩みは続きます…。ということで、つづく。

 

息子の試練について、しばらく間が空いてしまいましたが、書こうと思って思い出すとまだ胸糞が…( *´艸`)←言い過ぎ^^; ということで、次がいつになるかは分かりませんが、なるべく時間を空けずに書きたいという気持ちがあることは伝えておこうと思います。もしよかったら、また覗いてください。

 

ガリガリ君リッチたまご焼き味を発見&実食!感想をお届けします。

こんにちは、みずいろ母のエリです。

先日、テレビで、ガリガリ君たまご焼き味が販売されるニュースを見ました。たまたま一緒に観ていた息子が食いついて“食べてみたい♡”と大興奮。“絶対食べたくないわー”とつれない返事をしてしまったのですが、実は興味津々。密かに“息子が食べるのをひと口もらうくらいがちょうどイイな~”と思っていたのですが、さっそく今日、スーパーで現物を発見!

f:id:mizuiroland:20190930165940j:plain

迷わず買い物かごに入れたのでした。

 

早速トライ!たまご焼きの味はする!?

 

帰宅後の息子に、ガリガリ君たまご焼き味があると伝えたら“ヤッター!”と大喜び。とりあえず、食べる前にパシャリ。まさに上手に焼けたたまご焼きの色じゃないですか!

f:id:mizuiroland:20190930170012j:plain

 

外側のアイスクリーム部分

 

ひと口目は息子から。“おいし~い!”と大げさに反応してくれるサービス精神は嬉しいけれど、本当かよ!と疑り深い私^^;おそるおそる外側のアイスクリーム部分を食べてみると、予想よりおいしくてビックリ。確かに食べたことのあるたまご焼きっぽい味だけど、それよりやっぱりスイーツっぽいぞ?と思ったら、これはプリンの味じゃないか!そういえば、たまご焼きもプリンも砂糖が入っているし、似ていても不思議じゃない。うん、普通においしく食べられる!

 

内側のかき氷部分

 

さらに大きなひと口でかき氷部分まで食べてみると、あれ?さっきよりもたまご焼き感が強い(@_@)何でだろう?とよく味わってみると、口の中に残るものがあり、よくよく考えるとその味・食感は“たまご焼き”じゃないかー!とまあ、たまご焼き味なので当然なのですが^^;

予想していなかったのでたまご焼きが入っていたことに素直にビックリ。よくよくパッケージを見たら、周りはたまご焼き味のアイスで、中身部分は味付たまご入りかき氷と書いてありました。

f:id:mizuiroland:20190930170005j:plain

真ん中の黄色いのが味付たまごで、予想以上にたくさん入っていたけれど、私は正直これはない方が好みかも^^;どことなく食事感が…^^;でも、そういうアンバランスさを楽しむために作られた企画でしょうから、そういう意味では狙い通りなのでしょう!

 

息子の感想は?

 

実際は、私はひと口、ふた口おすそ分けしてもらい、ほとんど息子が食べました。“うめぇ!本当にたまご焼きみたいな味がする!あ、ほんとにたまご焼きも入ってんじゃん!”と解説しながら、楽しそうにおいしそうに食べていた息子。 “さぞかし気に入ったのだな…”と思ったので、“また買ってきてほしい?”と尋ねたら、“うーん、今度は違うのでいいや!”ですって。正直な奴だ^^;そして、私も賛成^^おいしいんですけどねー。後は…引かないかな^^

 

ガリガリ君たまご焼き味は、そこそこおいしくて、なかなかに楽しいアイスでした。話のネタに、家族のコミュニケーションに、怖いもの見たさに( *´艸`)、気になった方は1度挑戦してみてはいかがでしょうか?100円そこそこで、結構楽しめますよ♪

 

雲シートで癒された!プラネタリウム“満天”in 池袋サンシャインシティ

こんにちは。みずいろ母のエリです。

十五夜は終わりましたが、秋は月が美しい季節…ということで、先日行った池袋のプラネタリウム“満天”についてレポートします^^先日ってサラッと書いたけど…行ったの、夏休み…^^;

 

planetarium.konicaminolta.jp

 

プラネタリウム“満天”in 池袋サンシャインシティに行った理由

 

早速白状しますが、本当の目的は私の大好きな俳優・池松壮亮くんの声♪「Milky Way&The Moon -忘れられない、天の川へ-」というプログラムでナレーションを担当しているのです^^3月の上映が始まった時から、いつか行きたいなー♡と思いつつ、池袋はちょっと遠いし、プラネタリウムに1700円(一般席)って、高い(@_@)(←よく行くところは300円)ということで、誰も背中を押してくれないし、半分諦めていました。が、息子と行くなら、息子が楽しんでくれるなら、これはもう私の私利私欲じゃなくない??なんなら、息子にとって夏休みの素敵な思い出の1ページになるんじゃない??と都合よく変換&息子を焚きつけてみました。

 

息子の心を掴んだ雲シート&広々寝転がれる芝シート

 

“ここ行ってみたい?”と息子に最初に見せたのは雲シート。

“雲に乗ったみたいな席で、寝転びながら夜空を見上げて、天の川が見られるんだよ。しかも、解説は池松君がしてくれるんだって!”

池松君が…のところがどれだけ息子に響いたかは分かりませんが、

“すごい!それって最高じゃん!”と私の思惑通り息子はノリノリに。

 

一般席が1700円のところ、雲シートは2人座れて4200円(5組限定)。一人当たり400円高いって、結構な違いですが、かわいい息子のためだ、仕方ない( *´艸`)

 

ちなみに、2人座れて3900円(3組限定)の芝シートもありましたが、雲の方が夢があるし、そう何度も来ないだろうと踏んで今回は大奮発しました。

 

雲シート

 

実際のシートはこんな感じ↓

 

f:id:mizuiroland:20190920191148j:plain

シートは思ったよりもしっかり固め。ふわっふわという感じではありませんでしたが、体の負担を考えるとちょうどよくて心地いい。その代わり、ぬいぐるみやクッションは白くてふわっふわ。いっぱい置いてあるので角度や高さなど、体勢の微調整ができて良かったです。息子は雲シートがとっても気に入って、“あれ、家に買ってよぉー”としばらく言っておりました。うん、気持ちは分かる^^

 

芝シート

 

芝シートも良さげでした↓

 

f:id:mizuiroland:20190920191142j:plain

ブレブレだけど、雰囲気は伝わるかな?私たちの回は、カップルや女の子同士で来ているようでした。床にゴロン、とできるので、雲シートより広々感じるんじゃなかろうか。

 

芝シートはいわゆる最前列。雲シートはそのすぐ後ろ。ということで、プラネタリウム好きの方はお気づきかもしれませんが、どちらも決して見やすい席ではありません。完全に寝転べることで、見にくさは多少改善されますが、せめて、できるだけ中央寄りを確保するのがおススメです。私たちは左端だったのですが、どうしても壁が視界に入ってしまう箇所が…。今度行くなら絶対真ん中狙いです。

 

ちなみに、もっとちゃんとシートについて知りたい方は、紹介ページをどうぞ。

 

planetarium.konicaminolta.jp

 

ヒーリングプラネタリウムは香りでもヒーリング

 

私たちが鑑賞したプログラムは、普通のプラネタリウムではなくヒーリングプラネタリウムという特別なもの。就学前の子供は入れません。

心地いい低音ボイスの池松君のナレーション、アルファ波が出ている気がするAimerの歌声はもちろん素晴らしかったのですが、私がとっても癒しを感じたのが場内に広がるアロマの香り。プログラムが終わって、真っ先にアロマを調べたほど、私好み♡甘すぎない香りで柔らかく、深呼吸して何度も吸い込んでリラックス。あ~、至福♡

 

ちなみに、使われていたのはこちらの2つだそう↓↓

 


 

 


 

 

これがあれば、いつでも癒してもらえる♡ということで、結婚記念日のプレゼントにリクエスト済み。今月末には、ようやくまたあの香りに包まれる日が来る♡と思うと、書きながらもテンションが上がります。わーい😃 

 

最初で最後の雲シート&ヒーリングプラネタリウム。そんなつもりで行ったのですが、ちょっと高いけれど、また行きたい!と思えるほど、気に入ってしまいました。そのうちまた、何か理由をこじつけて行きたいなー♡ということで、気になる方は是非足を運んではいかがでしょうか。

 

【十五夜】手軽さ重視のお団子作り。10分完成も夢じゃない!?息子と一緒に作ったよ

こんにちは。みずいろ母のエリです。

今日は十五夜。月が見えるかどうかはとっても微妙なのですが、月見=団子ということで、久々に息子とクッキング♪お団子を作りました。私の知る限りおそらく一番簡単な方法です。何回も作っていますが、子供と作るのにぴったりなので、もしよかったらお試しください^^

 

一番楽な方法は…団子粉のお団子作り!

 

数年前、確かやっぱり十五夜の時、息子とお団子を作ろうと思い立ち、粉を買いにお店に行きました。お団子=上新粉だと思っていたのですが、ふと見ると上新粉の隣に団子粉が。“なんだろう?”と手に取ってみたら、上新粉だと蒸す工程が必要なのに、団子粉は蒸す必要なし。“子供と作るには、楽が一番”と、迷うことなく団子粉を購入し、それ以降はずっと団子粉にお世話になっています。では、さっそく作ってみましたよ♪

 

1、材料を混ぜる

 

f:id:mizuiroland:20190913184126j:plain

今回の団子粉は220グラム当たり160ミリリットルの水。ということで、ボウルを用意して、その中に水と粉を投入。

 

2、こねる

 

f:id:mizuiroland:20190913184120j:plain

子どもが喜ぶコネの作業。粘土遊びと一緒なので、喜んでやってくれました。が、そういえば、粘土遊びが上手でも好きでもなかった息子。まとめるのに苦戦して、結局最後は私がエイっとやってしまいました^^;ちなみに、コネ作業の間にお湯を沸かしておくと時短できます。

 

3、成型

 

“次は丸めてくださーい”

“はーい!”

てな感じで、最初は素直に丸めていたのだけど、すぐに

“変な形にしてもいい?”と^^;

f:id:mizuiroland:20190913184130j:plain

 

ま、うちで食べるだけだし、楽しければいいか…と変形を許可したけれど、変形のレベルさえもひどいという…^^;ま、楽しければいいのです…。にしてもひどいな^^;

 

4、茹でる

 

f:id:mizuiroland:20190913184118j:plain

②の段階で、お湯を沸かしておいたので、あとは茹でるだけ。浮き上がってから2-3分で完成です^^おっ、ハートのお団子もなかなかかわいいじゃないか💛ここまで、手際よくやれば10分ほど。子どもと楽しくやっても20分はかかりません!(多分…)

 

私はみたらしの餡ときな粉を先に作っておいたので、混ぜ合わせて完成!

 

f:id:mizuiroland:20190913184123j:plain

出来立てのまだ温かいお団子は格別です^^と、いうことで、お気づきかと思いますが、月にお供えする気はないようです^^;ま、今日は息子の起きている時間に月は見えなそうだし…。

 

一応紹介。みたらしあんの作り方

 

水と砂糖とみりんと醤油と片栗粉を鍋に入れて、とろみがつくまで火にかける。たったそれだけ。味のバランスはいつも適当なので、お好みで調整してください。

みたらし餡を先に作ったとなると、10分は無理じゃん!と言われてしまいそうですが、そこはご愛嬌ってことで^^;こちらもすごーく簡単で、もう作ってないみたいなものなので、作ってないってことでお願いします。

 

ということで、子供と一緒にお団子作りは楽しくて簡単で美味しくて簡単で食育にもなるしおススメです!十五夜は今日ですが、満月は明日だそう。土曜日だし、明日は天気も良さそうだし、お子さんと一緒にお団子を作って、1日遅れでお月見してもいいのではないでしょうか。

 

【小3息子の試練】授業参観後に先生へ報告。息子の試練に希望の光?

こんにちは。みずいろ母のエリです。

息子の試練についての記事は、やっぱり楽しくないので筆が進みません。けれど、きちんと書き残しておきたい気持ちもあり、自分と格闘(>_<)いやいや、早く書けよっと自分で突っ込みながらようやっと^^;

 

f:id:mizuiroland:20190910173548j:plain

迷い…。先生に伝えるかどうか。私の気持ちと息子の気持ち

 

1学期のことで、しかも繰り返しになりますが、班の子3人に、毎日のように“バカ”や“汚い”などと暴言を吐かれていることを私が知って約1週間後、授業参観がありました。息子には、“授業参観の時に、先生に言って、注意してもらう?それか席替えしてもらう?ママから伝えるよ”と何度か確認していましたが、息子の答えはいつも“いやいやいや、注意なんかしたら怖い、怖い!”と、明るく芸人さんのネタみたいな感じの返答。“大丈夫だから!言わないでイイから!”と言われていました。ただ、厳しい態度や口調で言われるのは息子に非がある場合もあるでしょうが、“バカ”や“汚い”などの暴言は論外。息子のことはさておき、“そういうことを言う子がクラスにいる。しかも数人で束になって…”という事実を、担任の先生が知らないとしたら知っておいてほしいな…という気持ちがあり、息子の要望はさておき、私は迷いに迷っていました。

 

テンパったらどうしよう?その解決法は…?

 

授業参観当日。結局、参観でクラスの様子を見て決めることにしました。とはいえ、もし先生に言わなくちゃ!と思うような状況だった場合、クラスに保護者が残っていたら話しにくいし、すぐにテンパってしまう私が簡潔に言いたいことが言える自信もない。ということで、学校に行く30分ほど前に思い立ち、手紙を用意することにしました。

 

内容は…

 

  • 息子が班の子たちに、毎日のように“バカ”や“汚い”などと言われているようだ
  • そのせいで、一時は学校が嫌だと言っていた
  • しかし、ある時を境にクヨクヨしなくなったので、今のところ息子への配慮は不要
  • でも先生にはそういう事実があることを知っておいてほしい
  • 息子には先生に言わないでほしいと言われているので、私が先生にお話ししたことは息子の耳に入れないでほしい

 

というようなことを便箋2枚にまとめ、バッグに携え、いざ、学校へ。で、結果、授業参観はこのような状態でした。↓↓

 

www.mizuiroland.com

 

(ちなみに、前回の記事で説明を端折ったので、息子が勉強ができるから妬まれているのではないか?と思われた方がいるかもしれませんが、息子は勉強が得意な方ではなく^^;あとで確認したところ、班の子たちと学力的には同等とのことでした)

 

手紙を用意して正解!懇談会後のクラスの様子

 

参観で目にした、班の子たちの息子への態度は、目くじらを立てるほどのことではない?息子にも非があるのかも?こんなことをイチイチ先生に言うのはモンペかな?授業参観後の懇談会の時には、ずっと、そんなことを考えていた私。

しかし、仲良しママ2人が、帰り際に“班の子たち、予想以上に感じ悪かったね…”“なんだか、息子君がかわいそうだったよ…”と私に声を掛けてくれたことで気持ちが決まり、やっぱり先生とお話ししようと思いました。が、いつも用が終わったら、すぐに帰っているので知らなかったのですが、お母さんたちって、教室に残っておしゃべりするんですね(@_@)先生をつかまえて、和気藹々とこんなコミュニケーションの場があったとは(>_<)ということで、一人テンションの違う私。展示物をじっくり見るフリをして、先生の解放をひたすら待機。なのに、全然先生が解放される気配はないし、先生と話しているのが、なんと!いじめっ子たちのお母さんを含んだメンバーだったりで、“絶対話しにくいじゃん…”と何度も心が折れかけました。ようやく先生が解放されたのは15分後くらい。それでも、何人かのお母さんたちが教室に残っていたので、先生に“お伝えしたいことがあったので手紙に書きました。ここだと話しにくいので読んでいただけますか”とお伝えして帰ることにしました。あー、手紙を用意して良かった!とりあえず、息子の現状が伝わる…。という事実にようやくホッとしたのでした。

 

予想外の展開!結局、先生と直接お話しすることに

 

が、先生は“今ここで読んでもいいですか?直接お話しした方がいいことかもしれませんし…”と。“内容的にちょっとここで話せるか…”とは言いましたが、“とりあえず、読んでみますねー”と明るく答える先生。いちいち、“ふんふん、あー、そうだったんですねー。あー、そうかぁー”と言いながら手紙を読む先生。すぐそこには首謀者Aちゃんのお母さんがいたので、気が気ではありませんでしたが、先生は気づかないのか気にしないのか(>_<)“班ですね。申し訳ありません。そんなことがあったなんて…”と話し始めたので“Aちゃん母にバレるじゃないか(@_@)”と焦りましたが、本当のことだしいいや!と私も吹っ切れて、先生としばし立ち話。

 

先生  今は、学校に行きたくないとは言っていないんでしょうか。

私    はい、自分に非があるわけじゃないと割り切れるようになったようです。

先生  息子君、すごいですね。その点はよかったです。

私    先生はこういうことがあることをご存じでしたか?

先生  申し訳ありません。把握できていませんでした。

    強い子もいますし、クラスで小さい揉め事はちょこちょこあるのですが、

    大体は私の見ていないところでやるんですよ。

私    息子の班で揉め事があったことは?

先生  強い子(Aちゃん)がいて、その子は他の子との揉め事が多いので、

    私も注意して見ているつもりなのですが、

    私が見ている時に、あからさまに何かすることはないんですよ。

私    ですよね。今日も先生が来た時だけは、体裁を整えていました。

    でも、先生がいないとき、班活動は全くしていなかったです。

    息子が普通に話しかけても、誰もまともに取り合ってくれません。

    私がすぐ傍で見ていてもそうだったので、きっと普段からですよね。

先生  Aちゃん…ですよね?

私    いいえ。Aちゃんだけでなく、他の子もです。

先生  女の子かな?

私    男の子もです。

先生  …そうですか。この席になって2か月くらいですよね。申し訳ありません。

    実は、前から席替えをしたいとは思っていたのですが、

    なかなか時間が取れなくて。

    急ぎの方がいいですよね?

私    手紙にも書きましたが、息子は大丈夫だと言っているので、

     私がこの件を伝えたからと言って特に配慮していただかなくても結構です。

     ただ、私としてはこういうことがあることを、伝えておきたくて。

先生  ありがとうございます。つらかったでしょうから、

    今度は穏やかな子を周りに集めてみますね。

    でも、こんなことを言っては何ですが、“絶対大丈夫”とは、

    なかなか言えないんです。

    組み合わせによって、子供の態度や様子がずいぶん変わることもあって。

    一人一人の性格を踏まえて考えるんですが、

    予想と違ってしまうこともあるんです。

私    はい、そうでしょうね。なんとなく、分かります。

     今回の息子の班も、きっと組み合わせが良くなかったんでしょうね。

    (嫌味…^^;)

先生  そうですね。。。

 

こんな感じで、最後はちょっと愚痴って帰ってきましたが、先生と話せたことで、モヤモヤが少しだけ晴れました。席替えは近いうちにするとのことでしたが、よく考えたいのもあって、数日時間をくださいとおっしゃっていました。とはいえ、そのうち席は変わるし、息子はそもそも大丈夫だと言っているし、これで穏やかな日常が戻るだろう…。私はひと仕事を終えたような気になり、ホッと胸を撫でおろしていました。しかし、残念ながら、息子の試練はそう簡単に終わりませんでした。つづく…。

 

40代、体力低下は待ったなし。今日から自分に課す4つの課題

お久しぶりです。みずいろ母のエリです。何とか生きています^^;

いよいよ2学期が始まり、久々に一人時間が私の元へ!う、うれしい、、、♡大げさではなく感無量です^^

 

息子とべったり一緒に過ごせる夏休みもあと数年…。そう思って、できるだけ息子との時間を充実させるべく、今年の夏は結構頑張りました。(お出かけレポなどはそのうち…^^;)が、息子と過ごせば過ごすほど、隙があれば寝てしまう。夜になるとついつい寝てしまう。とにかく起こされない限りいくらでも寝てしまう…という感じ。体力低下に愕然としつつ、途中からはブログを書くことも諦め、現状を受け入れることに。いや、でも、この体力のなさは絶対に良くない!ということで、今までもちょいちょいやっていた家でできる簡単な運動を今日から義務として自分に課すことにしました。“義務として自分に課す”って、なんかカッコイイけれど、何度もそれを反故にしてきた私。ということで、こちらに宣言して、自分にわずかながらもプレッシャーをかけてみることにします。

 

今日からスタート!体力低下を食い止める4つの試み

 

その場ランニング10分

 

実は、夏休みに入る前までの5か月ほど、私にしては珍しく続いていたその場ランニング。着替えもメイクもせずに、雨の日も暑い日も思い立ったらすぐできるのがその場ランニングのいいところ。私は平日、朝ドラを観ながら走っていたのですが、夏休みに入って息子がいるとなるとなんだか恥ずかしくて^^;勝手に休止していたのですが、今日から復活です。

万歩計によると、10分くらいへとへとになりながら走って、1500歩くらい。距離にして1キロちょっと。遅いっ(>_<)でも、ハードル低めでも続けるのが大事!ちなみに、侮るなかれ。10分走るだけでもじわーと汗をかいて、運動後の爽快感がばっちり味わえます^^

 

ぶら下がり棒(累計)1分

 

あれはいつのことだったか…。自分の二の腕のだらしなさに気づき、“私、筋肉付けたい!”と思い立ち、家でいつでもできる格安ドアジムを購入。

 

ドアジム DOOR GYM 1型

ドアジム DOOR GYM 1型

 

 

 柱に取り付けてもらって、“毎日やる!”と夫に宣言したにもかかわらず、10秒とかで落ちるレベル&翌日の筋肉痛が半端ないため、見てみないふりをする気まずい存在になり果てるまでそれこそ秒速だったあいつ…。

でも、あるからにはやっぱり使わなきゃ!ということで、いい機会なので腕の筋肉はこれでつけよう。そして、体を思いっきり伸ばそう!←ぶら下がりはコレがとても気持ちいいのです。と書いたけど、実は昨日久々にぶら下がったら今日はすっかり筋肉痛^^;5秒もぶら下がれない体たらく。なので、しばらくは累計1分で頑張ります。

 

バランスディスク生活

 

夏休みを経て、“体力つけなくちゃ!”と強く実感している私ですが、別にムキムキになりたいわけではありません。ピラティス講師の友人に、大事なのは“インナーマッスル”と聞いて、実は以前購入したものがありました。それがこのバランスディスク。

 

 

上に乗って、手押し相撲をするなど、もっぱら息子との遊び道具として使っていたのですが、実は座るだけでインナーマッスルが鍛えられる代物。知ってはいたけど、グラグラするのが気になるので、クッションとしては使っていませんでした。でも、多分、インナーマッスルが鍛えられればグラグラはしなくなるはずなのよね^^;ということで、まずはグラグラせずに座れるように。頑張ってバランスディスク生活を始めます!

 

1日7000歩

 

仕事で結構歩く友達が、万歩計を付けて1日1万歩くらい歩いていることを教えてくれたのが2月。私は1日にどれだけ歩いているんだろう?と疑問に思い、すぐに携帯のアプリをインストールして、歩数を記録し始めました。すると、何もない日の私の歩数は1000歩ほど(@_@)友達の10分の1。そりゃ、痩せないよね^^;完全に運動不足だよね^^;ってことで、5000歩を目標にし、その場ランニングを開始。それでもまだまだ達成できない日もあるけれど、歩数を意識するようになり、確実に歩くようになりました。5000歩ですら達成できない日はあるけれど、ここらで少し意識改革。目標を2000歩プラスしてみようと思います。多分、結構難しいけれど、意識が変われば行動も変わる…と久々に自分に期待して宣言してみました♡

 

子どもが小さい頃は、子供を追いかけているだけで、そこそこ運動できていたのですが、最近はめっきり体を動かさなくなっていました。分かっていたけれど、自分に負荷を課すって怠け者の私には難しい^^;しかし、そうも言ってられないなーというくらい、体力低下を感じたので、しばらく自分を律して以上の4つを続けてみます。何らかの効果を感じたら、また報告します^^

 

チコちゃんに会いに♡NHKスタジオパークへ行ってきました!

こんにちは。みずいろ母のエリです。

夏休みも早中盤。明日から帰省することもあり、前半は宿題三昧。頑張った息子に少しくらいはごほうびタイムを♪と思い、先日、息子が大好きなチコちゃんに会いに、NHKスタジオパークに行ってきました。

 

www.nhk.or.jp

 

 

最大の目的はチコちゃん!会える日は月に2回ほど

 

チコちゃんに会えると知り、前から都合が合えば行きたいと思っていたNHKスタジオパーク。しかし、チコちゃんに会えるのは月に2回程度。夏休み中は平日(次回は8月22日〈木〉)でしたが、それ以外は日曜日など、休日にも設定日があったと思います。日程のチェックはこちら

 

気になる夏休みの混雑具合は?

 

時間は、毎回5回。

  • 午前10時30分~
  • 午前11時30分~
  • 午後1時00分~
  • 午後2時30分~
  • 午後4時00分~

 

調べてみたけれど、混雑具合が分からなかったので、とりあえず朝一の回に行ってみることに。もしもあまりにも混んでいて見られなかったら次の回に並ぶつもりでした。着いたのは10分前くらい。しかし思っていたより人は少なく。小さなステージがあり、その前に座って待っているのですが、前から5列目くらいの場所を確保できました。わーい♡

しかし、その後、直前までどんどん結構人が増えてきて、エントランスがいっぱいになったので、少し余裕をもって来られるのがおススメです。

 

わーい!チコちゃんに会えた!

 

時間になると、番組のオープニングの音楽が流れ、お姉さんとチコちゃんが登場!“チコでーす!5歳でーす”を間近で見られて息子は大興奮!

f:id:mizuiroland:20190810000437j:plain

その後は、“ありがとうございます”“そうねぇ”など、限られた言葉ではあるけれど、お姉さんが会話をつなぎながら、お客さんとコミュニケーション。“どうなってるんだろう?”とついつい考えてしまうのは大人の悪い癖ですね(^^;

最後に一度だけ、“ぼーっと生きてんじゃねーよ!”の洗礼。小3息子は“あれ?顔が大きくならなかったね”とひと言。“えーっ???まだそのレベル???”と衝撃でしたが、息子らしくてなごみました。時間は10分くらいとそれほど長くありませんが、かわいいチコちゃんを愛でるのには充分。写真や動画も撮れて、チコちゃんのうちわやはがきももらえて、大満足でした。

 

チコちゃん以外も楽しい♡オススメコーナー3選

 

私と息子の最大の目的はチコちゃん。なので、最初で目的は達成してしまったのですが、せっかく来たので、もちろんスタジオパークも見学。特に面白かったのはこの3つです^^

 

NHKクエスト

 

f:id:mizuiroland:20190810000518j:plain

NHKの番組や歴史にまつわるクイズができるコーナー。画面の問題に答えるだけのシンプルな内容ですが、答えを選んでボタンを押すってやっぱり楽しい。それほど混んでなかったので、ほぼ全部制覇できました。

 

アニメファクトリー

 

f:id:mizuiroland:20190810000512j:plain

【機関車トーマス】や【カードキャプチャーさくら】【おじゃる丸】などなど、NHKで放送されているアニメのアフレコを体験できるコーナー。混んでいるかと思いきや、待ち時間3分くらいでできました。私たちが知っているのはトーマスだけだったので、迷うことなく即決。まずはお手本の映像が流れ、次にセリフを読みながらの本番。最後に自分たちのアフレコしたものが流れます。トーマスは、小さい子用なのか、ひらがなだけで読みにくく^^;息子は途中でつかえて最後までたどりつけないという予想外の展開(>_<)

少し待てば、もう1度挑戦することもできたのですが、息子の心はすっかり折れて、リベンジならず^^;それでも、声優体験ができて私はとっても楽しかったです。

 

スタジオパークNEWS

 

f:id:mizuiroland:20190810000514j:plain

ニュースキャスターやお天気キャスターの体験ができるコーナー。これは、ぜひとも挑戦してほしかったのですが、最初に挑戦していた中国人の方の弾けっぷりに完全に委縮。“おれはあんな風にできない…”と尻込みしてしまいました。アフレコで失敗した直後でテンションが下がっていたのもあったかも^^;

ということで、私たちは挑戦しませんでしたが、他の方が挑戦している様子を見学するだけでもドキドキして、まるで放送時の緊張感を味わっているかのようでした。

また来る機会があったら、次こそはこのコーナーにチャレンジしてほしいなーと思います。誘導頑張ろっと。

 

スタジオパークの料金は子供は無料、大人は200円。これだけ楽しめるのに破格だと思いました。なのに、無料公開の日もたくさんあるようですよ。夏休みのお出かけ候補にNHKスタジオパークも加えてみてはいかがでしょうか?私はきっと、また来ることになる予感がプンプンしています。←楽しかったということ^^;

ちなみに、繰り返しになりますが、次回チコちゃんに会える日は8月22日〈木〉です^^

 

 

 

www.mizuiroland.com

 

【小3息子の試練】授業参観で現場を目撃!思っていた以上に感じが悪い班の子たち

こんにちは。みずいろ母のエリです。

 

班の子3人に、“バカ”や“汚い”などと暴言を吐かれていることを私が知って約1週間後、授業参観がありました。その間も、毎日のようにそういうことを言われると怒っていた息子。

f:id:mizuiroland:20190806231841j:plain

夫の罵倒(家で)以来、凹んでいるとか、辛そうとかではなかったけれど、親としてはイライラ&モヤモヤ&ヒヤヒヤ…。

 

www.mizuiroland.com

 

 

一旦安心。あれ?意地悪は息子の勘違い?

 

そして迎えた授業参観当日。いつもはギリギリ到着なのですが、今回は少し早めに行って、息子のすぐ横の場所を確保。偶然にも、一番端っこだったので、声も聞こえるし、やり取りも見ることができそう!私を見つけた息子はニコニコいつもの笑顔。隣の席のBちゃんもニコニコしていて、“あら?”と肩透かし。少しですが、2人は言葉も交わしていたし、思った以上に“普通”でした。

“息子の勘違い?たまーに、嫌なことがあるのを大げさに受け取っているだけか!?それならそれで安心だけど、今までの私の心配は何だったのよー^^;”なんて、ひと安心した私。微笑ましく、授業を見学。そして、授業が始まって10分ほど経った段階で、席を移動し班活動に突入しました。

 

息子に味方はいなかった!衝撃の班活動

 

その日の授業は算数で、初めて余りのある割り算に入ったところでした。

15個あるりんごを4人で分けたい。(15÷4)これを計算で求めると答えは何か。その時、どういう風に考えるのか、図や言葉で説明できるように、まずは自分で考えて、それから班のみんなで相談しましょう。

先生から出された課題はこんな感じ。

 

班活動で子供たちのどんな意見が聞けるか、興味深く様子を見ていた私。が、息子の班の子たちは、席は普通に移動したものの、誰も課題に取り掛からず相談が始まる気配もなく。

“ねぇ、相談しないと…”と、しばらく経って息子が声を掛けたけれど、Aちゃんは息子に背を向けたまま微動だにせず。Bちゃんは、私をちらちら見ながら、ニコニコはしているものの息子には目も合わさず、何も答えず。Cくんも私をチラチラ見ながら、合間に息子をにらみつけ…。“えっ!?何、この子達!?感じ悪っ(-_-)”と思った私。息子には、とりあえず自分で考えてみたら?と耳打ちして様子を見ました。

少し経ったタイミングで、各班を回っていた先生が到着。みんなのノートをのぞき込んでいる時だけ、Aちゃんも多少姿勢を整え、他の2人も“相談してます”とアピールするかのような態度に。先生は、唯一ノートに考えが書き込まれていた息子の回答を見て、“〇〇くんが分かっていそうだな!教えてもらえば、班の意見がまとまるんじゃない?”とアドバイスをして去っていきました。

先生が去ったあと、私をチラチラ見ながら、息子に向かって口を開いたのはCくんとBちゃん。

 

Cくん    分かってるなら、説明してよ。

Bちゃん  そうだよ。説明して。

Aちゃん  …(黙ってにらむ)

息子    分かった。これこれこうで、答えは3あまり3だよ

Cくん    “あまり”とか習ってないし。

       習ってないのを言うとかおかしいんじゃない?

Bちゃん  そうだよ。分かんない。

      〇〇が分かってるんだったら、それが班の意見でイイじゃん。

      指されたら〇〇が答えれば。

息子    えっ。でも…相談してって先生言ってたし…

Cくん    あまりとか知らないし。何言ってんだよ。そんなの違うよ。

息子    えっ、でもそうだし…。

 

私がいるのにも関わらず、イライラしながら小さな声でにらみながら息子に八つ当たりをし始めたCくん。こちらを確認しながらだったから、隙をついて言っていたつもりだったのかしら?でも、全部聞こえてるし見えてるし(-.-)しかも、できてない方が、できてる子をバカにするって何ごと?だっせー!かっこ悪い!私は心の中では毒づきまくっていたけれど、何とか口角を上げて柔らかい表情を心掛け、息子の耳元でひと言“合ってるよ”と心ばかりの援護射撃。その後もBちゃんは息子にただただ嘲笑な感じのニコニコ笑顔を向け、Aちゃんはそっぽを向いてふてくされたかのような態度。結局、時間が来て終了。息子の班の班活動は、私から見たら、息子への嫌がらせの時間でしかありませんでした(-.-)

 

感じ悪さは三者三様。私が抱いた印象は…

 

Aちゃん…そっぽを向くorにらむ。口を開いたときは文句。典型的なボスタイプ。

Bちゃん…笑顔で意地悪をする。一見すると無害なのでたちが悪い。

Cくん…地味めの男の子。陰険。気が小さそう。

 

班活動を見て思ったこと

 

親の私がぴったり傍で見ているのに、息子にあんな態度が取れる班の子3人にビックリして、あきれ返った私。うん、そうだ。ショックというよりも本当に呆れた。3年生にもなって、親の前でそれができるって、多分3人とも賢くない。そして、親の前であの態度が取れるということは、親がいないときはもっとひどいだろうな…というのが想像でき、やっぱり腹立たしさでいっぱいになりました。

でも、どういう態度を取られても、息子は怒るでもなく泣くでもなく、少しだけ困った様子で、でもあくまでもフラットに対応。息子よ、あなたはよく頑張っている!その様子が私にはとてもかっこよくて頼もしく思えたのでした。(←親ばか)と同時に、これでは周囲に3人のひどい態度と息子の置かれているツライ状況は伝わらないだろうな…とモヤモヤモヤ。

また、息子がひどい態度を取られている間、彼らの親はこの様子、ちゃんと見ている?と確認してみたら、毎回3人揃ってお話し中で子供の方など見てやいない(>_<)そうだった!この子達は同じ幼稚園出身だ!親同士もきっと仲良しなんでしょう(-_-)まったくもうっ!

 

ということで、途中から本当に最悪な気分の授業参観になりました。その後、子供の席に座って懇談会がありましたが、意地悪3人組の親に囲まれた席で、私のテンションはダダ下がり。久々に思い出しながら書いていますが、やっぱりその時の気持ちに引き戻されて気分が下がるので、今日はこの辺で。このシリーズ、まだまだかなり続くことになりそうです。タイトルに【小3息子の試練】と付け直しましたので、興味のない方はスルーしてくださいね^^つづく

 

夏休みはこれに限る!“2時からプール”をおすすめする4つの理由

こんにちは。みずいろ母のエリです。

夏休み真っただ中。梅雨明けした埼玉は、急激な猛暑に襲われ、私は夏休み早々ぐったり。なのに、息子はすこぶる元気で、どこか連れてけコール^^;いつも遊ぶ友達も旅行で不在の昨日は、重い腰を上げて近所の屋外プールに連れて行きました。2時過ぎから( *´艸`)

f:id:mizuiroland:20190801120048j:plain

 

“2時からプール”のメリット

 

実は、“2時からプール”は今回が初めてではありません。昨年、友達と予定が合わせられず、“仕方なく”そうなったことがあったのですが、これが思いの外いいじゃん!となり、今年も実践してみたのです。では、“2時からプール”のメリットについてまとめます^^

 

交換条件が出せる

 

“お休み”ではあるものの、かなりやること満載な今どきの小学生。それをやらせる親もひと苦労ありますが、“午後プール連れて行ってあげる♡”というひと言で、その日の勉強への取り組み方が分かりやすく変わります(^^)v少しだらけ始めたら、“そんなんじゃ、プール辞めるよ!”のひと言もかなりの威力を発揮してくれるので、プールに行くことを決めたら、その日の主導権は完全にこっち!束の間の王様気分が味わえて、ちょっと気持ちが良くて、癖になりそう^^

 

駐車場やプールもすき始めるので快適

 

2時過ぎからプールへ来る人はかなり少数派。朝から来ている人は帰りだす時間でもあります。よって、駐車場はかなりいい位置に空きが出ている可能性大。入場券を買うのも、並ばずスイスイ。暑い最中は、こういうちょっとしたことが疲れに直結するので、最初にこの類のストレスがないことはかなり高ポイント!

中に入っても、ロッカーや荷物を置くためのいい位置が確保できたり、プール自体も徐々に空いてきて自由に泳ぎやすいなど、数々のメリットがありました。

 

暑さが落ち着いてくるので体が楽

 

朝からプールに行くと、昼にかけて気温が上昇。日焼けも気になるし、頭はぼーっとしてくるし、プールも徐々に混雑してくるし、時間の経過とともに心身ともに疲労の色が隠せません。(特に40歳を過ぎてからは^^;)でも、“2時からプール”なら、最初が暑さのピーク。一番暑い時間にプールに入れて快適だし、3時、4時と、次第に暑さがマイルドになってくるので、思った以上に体が楽!熱中症の危険も少ないような気がします。もちろん対策は必須ですが^^

 

帰り時間が伸ばせない

 

私にとって、“2時からプール”の最大の恩恵は帰り時間が伸ばせないこと。前に“2時からプール”をした時も、昨日ももちろんそうだったのですが、子供は(息子は?)永遠に遊びたがる生き物。帰り時間を伝えると、“まだ帰りたくない!”と返ってくるのが恒例なのですが、さすがにプールの営業時間に逆らうわけにはいきません。“最後まで思いっきり遊んでいいよ”と少し寛大なフリをして、恩を売ることもできるのです^^

 

ということで、夏休みに近場の(リーズナブルな←ここ大事!)プールに行くならば、“2時からプール”がおススメです。2時からでも、十分楽しめます。“少しだけ”頑張って、子供と一緒に夏休みの思い出を作りたいという方はぜひ試してみてくださいね^^

 

大好きな『かねすえ』のわらび餅について語ります

こんにちは。みずいろ母のエリです。

最近ネガティブな記事ばかり書いていて、夏休み前に一旦落ち着いたのに気持ちがそっちに引っ張られがち。なので、今日はひと休みして、おいしくてテンションが上がったお話を。

 

昨日は1年に1度くらいしか降りない池袋に行ってきたのですが、池袋で電車を降りるときの楽しみといえばJRの駅構内にある『かねすえ』のわらび餅。香川県に本店を構えるお店で、本当に小さな、KIOSKよりも小さいくらいのお店なのですが、5年ほど前に友達からの手土産でいただいて、一口食べてその美味しさに撃沈♡自信を持って、万人にオススメできるので、珍しく食レポしてみようと思います^^

f:id:mizuiroland:20190729103823j:plain

 

やっぱり最高!『かねすえ』のわらび餅

 

ふわふわで柔らかトロトロな食感が最高

 

わらび餅なんだから、ふわふわなのも、やわらかいのも、トロトロしているのも当たり前。きっと多くの方がそう思っていることでしょう!何を隠そう、私も友人が興奮気味にそう話してくれた時に、“そりゃそうだよね^^;”と思ったクチなのですが、おそらくきっと、想像している100倍ぐらいのふわふわ・柔らか・トロトロ具合!それなのにしっかり弾力もあって、きちんとお餅。唯一無二の食感に、初めての時は“え!?なになに?”と、2回目以降は“そうそう!コレコレ!”と、立て続けに何個も口に入れて確認したくなる。きっと誰もがこのルーティンに陥るはず^^

 

和三盆糖の自然な甘さが最高

 

“自然な甘さ”をウリにした商品は数あれど、私が知るトップオブ “自然な甘さ”が『かねすえ』のわらび餅。ケーキもチョコももちろん普通に好きだけど、特に甘党ではないワタクシ。甘いものはほんのちょっとで“もういいかな…”となるのだけど、ここのわらび餅だけは永遠に食べ続けられる。だって、甘さがめちゃくちゃ優しいんだもん♡口の中に残らないさっぱりとした爽やかな甘みは、普通の砂糖の“甘さ控えめ”とも確実に違うし、フルーツとかのそれでもない。体にそのまま自然に吸い込まれていくような優しい甘みの感覚は快感そのもの。

 

鼻全体に香るきな粉の香りが最高

 

おはぎは迷うことなくきな粉派なワタクシ。とはいえ、グルメではないので、きな粉に何のこだわりもなく、きな粉でありさえすれば良いと思っていたのですが、このわらび餅を食べた瞬間にきな粉にも甲乙があるのだと知りました。

かねすえのわらび餅のきな粉には、豆の香りがしっかりとあり、ちょっぴり香ばしい。きめ細かな粉がひとたび口に含まれると、香りが鼻にふわっと充満して、いつも反射で目がパッチリ開く気がする。あぁ、幸せ♡

 

蜜は別売り!わが家は蜜なし派

 

わらび餅の定番、黒蜜は別売り(180円)。こんなに熱く語ったくせに、スミマセン、、、黒蜜は試したことがありません。そもそも私が黒蜜があまり好きではないこともありますが、黒蜜なしで完成されている気がするのです^^;でも黒蜜だけ美味しくないなんてことはあり得ない!ので、きっと好きな方にはたまらない美味しさなのではないでしょうか。(結局適当でスミマセン^^;)

 

ということで、昨日は夫と息子へのお土産に久々の『かねすえ』のわらび餅を購入。2-3人前税込み1200円と、決して安くない価格設定ですが、この美味しさなら惜しくない!そう思えます。そしてやっぱり息子も夫も、夕飯後のお腹いっぱい状態でも“別腹”と言って食べる食べる^^毎回久々なので、美味しさも格別♡ということで、大好きな『かねすえ』のわらび餅について書いてみました。もし『かねすえ』を見かけたら、騙されたと思ってぜひ試してみてください!以上、ただの『かねすえ』ファン、みずいろ母のエリでした。

 

www.kanesue.net

 

【小3息子の試練】班の子の驚きの暴言と、その原因が判明

こんにちは。

夏休みに入り、私の気持ちも落ち着いてきたところで泊りでの来客があり、それでなくてもバタバタしていたところに、なんと、PCが壊れるというまさかのトラブル発生(>_<)お祓いでも行ってこようかしら…と思い始めているみずいろ母のエリです。

そのうち楽しい夏休み♪の出来事も交えていきますが、とりあえず、予告だけして中途半端になっていた1学期の出来事について書いていきます^^

f:id:mizuiroland:20190725151743j:plain

 

授業参観の直前。息子が話してくれた内容に愕然

 

“班で俺だけ仲間外れにされる”

“Aちゃんが、自分にだけすっごい嫌な言い方をする”

“BちゃんとCくんも、Aちゃんほどではないけれど意地悪”

そんな話が息子から出てきて、数週間。同じような状態が続いていましたが、夫が家で3人を罵倒してから息子は目に見えて強さを獲得し、“ほんと、ムカつく!でも、あいつらが間違っているんだから、俺は気にしない!”と強気な姿勢を見せていました。

 

www.mizuiroland.com

 

息子が悲しそうな態度を見せていた時は不安いっぱいだった私も、息子の成長がうれしくて頼もしく、“もう大丈夫かな?”とほっと胸を撫でおろしていました。

でも、ある日、息子が話してくれた内容に愕然。怒りと悲しみでいっぱいになりました。どうやら、仲間外れや強い言い方をされるだけでなく、毎日のように“バカ”とか“汚い”とか言われているとのこと(T_T)息子は、“そういうことを言うほうが悪いんだから!”と今まで通り怒ってはいたけれど、その言葉に特別傷ついている様子はありませんでした。そして、今まで通り、自分は普通にしていると。でも、私は“その言葉は許せない”と思いました。そんなこと、どう考えても人に言ったらダメだ!絶対に良くない!!

 

“汚い”と言われる原因判明。教えてよー!いや、言えないか!?

 

“バカ”や“汚い”という言葉は、息子以上に私がショックで…。同じクラスの一番仲良くしているママ友に、ツライ気持ちを吐き出させてもらいました。すると、思いがけず、ママ友は息子に対するそういう暴言について、少し前に娘ちゃんから聞いて知っているとのこと(@_@)言いにくそうに話してくれた“汚い”と言われる原因は、息子の口元に手をやる癖でした。そして、その手でプリントなどを触ったりされると“汚い”と。はい、確かに舐めているなら汚い!おっしゃる通り(*_*)

ママ友に対して、それを知っているなら、知った時点で教えてよー!そしたら、その時点で気を付けさせることができたのに(>_<)と、正直、“ありがとう”より、“イラっ”としてしまった私。完全に八つ当たり^^;ということに、すぐに気づいたので、“イラっ”はできる限り封印し、“そうなんだ。教えてくれてありがとう”と伝えました。でも、やっぱり教えてほしかったなー。いや、でもその立場だったら聞かれでもしないと言えないか…。あぁ、もう!紛れもなく、そんなこと言うやつが悪いのだけど。

 

ターゲットになった息子の癖をチェック&注意継続中!

 

ママ友に教えてもらってから、私も息子の癖をチェック。私が見る限り、舐めているわけではないのですが、確かにそう見えるときもある。

“手、舐めてたでしょ?”と聞くと、“舐めてはいないよ”と息子。

“舐めているように見えるよ。それを汚いって言われるんじゃないの?”と言うと、“そうだと思う”と本人も分かっている様子。“気を付けようよ。そうすれば言われなくなるよ。汚いとか言われるの嫌じゃん!”と伝え、気を付けていくことに。でも、癖ってすぐには治らない(>_<)とはいえ、息子も自分で気づくことが次第に増えてきて、少しずつ改善中。確かにあまりいい癖でもないので、ここで直していこうと思っています。

おそらくこれがAちゃんにとっての発端になり、BちゃんやCくんも巻き込んで、“汚い”に“バカ”もプラスされ、その時点の状態に至ったのだと思われます。原因が分かったことは一歩前進でしたが、親としてはそれでもやっぱり“それなら仕方ない…”とは思えません。けれど、息子の癖が不快に感じられる気持ちも理解できるので、まずはそれを直す努力をしよう。私たちはそう判断したのでした。

 

とりあえず、原因が分かったので、息子がそこを注意すれば事態は変わるかな?と期待。うん、期待しましたとも。でも、振り上げた斧はそう簡単に降ろせないのか、無駄に連帯感が生まれてしまったのか、息子の試練はすぐには終わらないのでした。つづく

 

 

 

www.mizuiroland.com

 

 

www.mizuiroland.com

 

 

www.mizuiroland.com

 

【小3息子の試練】一応の決着。先生からの報告にほっとした話

こんにちは。みずいろ母のエリです。

息子に試練があった1学期が終わりました!あー、最後の1か月が長かったー(>_<)しかし、前回の記事を書いた翌日、なんと急展開があり、ひとまずスッキリした気分で夏休みに入ることができました。

 

www.mizuiroland.com

 

書きたいことをいっぱい予告しましたが、今回はとりあえず、そのことをご報告いたします。

f:id:mizuiroland:20190721235147j:plain

 

先生と相談。いじめっ子に注意する?しない?

 

夏休みに入る4日前、担任の先生にお電話を頂戴し、翌日の放課後に会ってお話することになりました。とはいえ、息子は被害者だし、私と先生が会って話したところで、意地悪をする子が変わらなければ意味ないよなーと思っていた私。この面談については、また後で詳しく書くつもりですが、先生にもその気持ちをお話ししたところ、“私もそう思います。なので、該当児童に話してみようと思うのですが、場合によってはそれを機に、エスカレートしてしまうこともあるかもしれません。それでも話でもいいですか?”とのこと。でしょうね…。私も先生に同意。そもそも“いい子”はいじめたりしないわけなので、そうなっちゃう可能性は否めません。しかし、誰にも注意されなければ、これまた自然に止むとも思えなかったので、“その時はまた考えるので、もし良ければ話してみてください”とお願いしました。

その時点で、夏休みまでに残されていたのは2日。“2日しかないので、話せるか分かりませんが…”という感じだったので、 “それならそれで、夏休みに入るので大丈夫です”とお伝えして、あとはお任せすることにしました。

 

ひとまずほっとした担任の先生からのお手紙

 

お任せしたとは書きましたが、夏休み前で給食もない午前授業が残り2日しかなかったので、正直まったく期待していなかった私。しかし面談の翌日、息子が先生から私宛の手紙を預かってきたとのこと。“昨日はありがとうございました”的なヤツかと思ったら、そうではなく、“該当児童に話した結果報告”でした。要約すると…

 

本日、該当児童に話をし、指導を入れました。すぐに改善されるかどうかは分かりませんが、みんな自分の非を認めることができたので、今後は様子を見ていきます。

 

おぉ( ;∀😉先生、ナイス!期待していなかったので、驚きもあって、余計にナイス!子供たちも、ちゃんと認めることができたんだー(T_T)なんだー、根っからの悪じゃないじゃん!仲良くしてとは言わないから、普通にしなさいよー!とかなんとか思いつつ、とにかくひと言。

“ほっ…”

ほっとした時、人は本当に“ほっ”って言うんだなーと思いましたとさ。

 

というわけで、夏休みに入る直前に、一応の終結を迎えることができました。本当に終結したかどうかが分かるのは2学期だけど、私は先生と該当のお子さんを信じます。

触りと結末だけ先に書いてスミマセン。紆余曲折があり、ここに着地したので、経過についてはまたおいおい書いていくつもりです。乞うご期待!(あんまり楽しい話じゃないけど^^;)以上、みずいろ母のエリでした。

 

【小3息子の試練】息子の試練は家族の試練。ここ数週間の振り返りと今後の予告

こんにちは。みずいろ母のエリです。

私は書くのが遅いので、ブログの内容には実はちょっと時差があるのですが、それにしても6月半ばに息子が学校でツライ状況なんだ…と気づいてから1か月、ここまで本当にいろんなことがありまして(>_<)なんだか思った以上にかき乱されている今日この頃です。

 

書きたいけど、書けない!ので予告だけ

 

いろいろあったことをブログに書いて、上手に消化されている方も多いと思うので、私もそうしたいのは山々なのですが、どうやら私には同時進行させる能力が備わっていないらしく…。こんなブログでも、毎日読んでくださる方がいらっしゃいますし、書きたいことは溜まっているので、とりあえず近いうちに書くつもりでいる内容について予告だけしておこうかと思います!

 

  • 衝撃の授業参観!息子が私の目の前で意地悪されていた!
  • 班の子たちの言動を担任に報告。でも多分、息子は大丈夫!
  • なぜ!?親友の裏切りに息子初めての大号泣
  • やっぱりわが子が一番!保身に走ったママ友
  • 息子が過換気症候群に。怒り&悲しみ&後悔が止まらない
  • ママ友からのいじめ認定。親切心かどうかはとっても微妙だと思った話
  • いじめがあります!担任の対応は?
  • 担任との面談。結局、いじめは解決したのか?

うーん、これを全部書くのに、筆の遅い私がどれだけかかるのだろうか?しかも、微妙にタイトルは変わったり増えたり減ったりするかもしれません。でも、やっぱり書き残したいなーという気持ち。そして、書きながら改めて思ったけれど、ほんのひと月前までは息子がいじめの当事者になるなんて、予想もしていなかったので、なんだかとっても不思議です。でも、私と同じように“自分には無関係”と思っているような人でも、一気に巻き込まれ消耗する可能性があると思うので、誰かのお役にも立てるのではないかと期待しています。

 

私たちは大丈夫!転んでもただでは起きません!

 

書こうと思っていることを書いてみたら、なんだかとっても深刻そう^^;心配してくださる方もいらっしゃるかもしれませんが、いろいろありつつも私たちは結構元気に楽しく過ごしていますのでご安心ください。そして、私はこの経験をただの無駄なもの、嫌な経験というだけに終わらせるのは悔しすぎる!と思っています。(変な負けず嫌い^^;)なので、どのように生かせるかは分かりませんが、私なりに考えてプラスの面を作り出すつもり。もしそうできた時には、またブログに書きますね。

 

ということで、予告してみましたが、これは予告というよりも実は自分への喝です^^;何があってもコンスタントにブログが書ける人って本当にすごいなぁ…。私も…いつかは…、きっと…きっと…。でも今は、とりあえず、自分のいつものペースに戻れるように頑張ります^^もしよかったら、見守ってくださいませ。